放射線を使ったがん治療法!|再発を防ぐために私生活から野菜を摂取していきましょう

病院

がんの特徴と手強いがん

男性

がんの特徴

がんという病気は体のあらゆるところに発生するのが大きな特徴です。がんがなぜ発症してしまうと死に至るのかというと、がんというのはそもそも細胞の異常化することです。普通の細胞は増殖する限度が決められていて一定の大きさにまで増殖するとそれ以上は増殖しないのですが、がんの場合はこの制限がなく、無制限に細胞が増殖していきます。その結果、がんが発生した臓器ではそのうちその臓器本来の機能を果たさなくなってしまいます。また、無制限に増殖した細胞は体のエネルギーを一気に使い切ってしまいます。その結果、急激に体力がなくなっていき、死に至るというわけなのです。このがんが膵臓に発症するとすい臓がんという病気になります。

治りにくいがん

すい臓がんはあらゆるがんの中でも最も治りにくいがんの一つとされています。っそのため、別名がんの王様と呼ばれています。治りにくい理由はいろいろとあります。まずは初期症状が非常に少ないといったことが挙げられます。症状として食欲不振や横断というような症状があるのですが、こういった症状が出た場合は既にある程度病気が進行してしまっている場合が多く、すい臓がんが見つかっても手術ができないくらいまでがんが進行してしまっているということがとても多いのです。もう一つの特徴としては、すい臓がんは非常に転移しやすいということが挙げられます。膵臓の周囲には血管やリンパ管が張り巡らされているため、簡単にがん細胞がそれらを通ってほかの場所に行くことが可能なのです。

Copyright© 2016 放射線を使ったがん治療法!|再発を防ぐために私生活から野菜を摂取していきましょう All Rights Reserved.